面倒なWebデザインプロセスからWebデザイナーをバックアップするためのヒント

面倒なWebデザインプロセスからWebデザイナーをバックアップするためのヒント

あなたがウェブデザインビジネスを運営しているとき、あなたのクライアントがあなたのビジネスの一部であるということを理解することは非常に重要です。あなたが協力することに同意するクライアントのタイプは、あなたとあなたのウェブデザイン会社について多くを語ります。同様に、彼らがデザインを作成する責任をあなたに委任した根拠は、彼らについて多くを語っています。クライアントとの良好な関係を維持することは難しいことではありますが、その多くは、顧客を啓発し、双方が満足するように期待を設定するためのWebデザイナーのコツを転回します。

デザイナーの多くは、顧客を満足させるためにbeatられた道を離れています。彼らは継続的な編集、再設計、直前の変更、さらにはこれまで議論されなかったアドイン機能を作成します。 Webデザイナーはクライアントのあらゆる気まぐれに屈しますが、最終的には給料が不足し、イライラし、拒絶され、うんざりします。

ほとんどのWebデザイナーは、これをWebデザインプロセスの最悪の例に関連付けます。プロジェクトが迅速かつ円滑に進むには、いくつかの不合理な期待があります。これらの期待がプロジェクトの完了の遅れや悪いデザイン、コーディングのバグなどのために台無しになった瞬間に、クライアントとWebデザイナーの両方がいらいらします。それにも関わらず、面倒な設計プロセスをあなたとあなたのクライアントにとって快適な体験にするための秘trickがあります。クライアントを教育することはビジネスプロジェクトの重要な部分ではありませんが、クライアントとの仕事上の関係を回復するのに大いに役立つことを確認できます。

教育プロセスの足場を概説しなければならないいくつかの重要な教訓の一般的なリストに沿ってどのようなタグが付けられているのでしょうか?さて、いくつかの重要なポイントが以下の脚光を浴びています:

ヒント1:あなたは労働者ではなく、プロのデザイナーです

人々は、医師や電気技師に仕事をする方法を決して教えません。彼らは、医師や電気技師が彼らよりも明らかにそれぞれの仕事の分野に精通していることを理解しています。一方、この態度はウェブマスターにも当てはまるはずです。多くのクライアントは、ウェブサイトを閲覧するだけでウェブマスターが設計上の決定を下すことができるという決心を持っています。彼らはウェブデザイナーを彼らの頭脳の付属物として扱います。そして、この種の誤った予感のために、デザイナーはしばしば仕事を成し遂げるために生まれた労働者として誤って受け取られ、他の専門家が彼らの分野で持つことができる創造性と才能のある専門家ではありません作業。さらに、クライアントは、Webデザイナーも設計プロセスの一部であることを忘れています。

この悲惨な状況は、一般的にフリーランサーの場合に起こります。クライアントは、デザイナーがオフィスを持っていなければ、家族や他のものがいないかのように、1日の奇数時間でも仕事ができると思います。世話をする!

したがって、Webデザイナーは、クライアントが自分が専門家であることを理解し、Webデザインプロセスが開始される前に彼らの意見が研究に基づいていることを確認することが不可欠です。

ヒント2:コミュニケーションが重要

コミュニケーションの欠如は、しばしばプロジェクト全体をひどく台無しにします。一般的に、クライアントはプロジェクトの初期段階で関与し、発言し続ける傾向があります。結果として、これは、クライアントが編集のランドリーリストを引き渡すまで、物事がうまくいっているというデザイナーの信念に終わります。

したがって、より短い期間でより良い製品を生成できるように、支払いや請求などの大規模な問題から、色の組み合わせなどの非常に小さな主題まで、プロジェクト全体でクライアントのフィードバックが必要になる可能性があるという契約の下でこの条項をもたらします。

ヒント3:ウェブと印刷媒体はチョークとチーズのようなものです

Webデザインプロセスを初めて経験するクライアントもいれば、Webは奇妙で異質な場所ですが、印刷媒体とWebの違いを理解できないクライアントもいます。

また、製品やサービスのパンフレットのように自分のWebサイトを表示したいクライアントもいます。

したがって、このデザイン分野の専門家である彼らのウェブサイトは、彼らの望み通りにパンフレットのように非常にうまく組み立てることができることについてクライアントに啓発するのはデザイナーの責任ですが、これを行うと最終的にインターネットの真の力をつなげることができなくなる可能性がありますそれらをWeb上の失敗として設定します。 Webデザイナーがほぼ確実にWebサーフィンに費やされていることは、これらのささいなことを当然のことと考えてはなりません。 Webのニュアンスと繊細さについてクライアントを啓発することは、クライアントが持つかもしれない間違った幻想を助けるのに役立ちます。

したがって、まとめとして、クライアントの管理を学習する技術は、サービス指向ビジネスにとって大きな課題です。良好な仕事上の関係を維持したい場合、クライアントを啓発することは最も賢明な方法の1つです。 Webデザインはサービス産業の不可欠な断片であり、したがって同じルールに従います。これまでで最も難しい仕事は、クライアントまたはボスを立ち上げることですが、実際のところ、これを定期的に行うことで、あなた自身やクライアントにとっても面倒なウェブサイトプロセスを快適なものにすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です